看護師の転職必須の面接攻略について

人の命を預かる仕事と言えば、真っ先にお医者さんを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
その大小の差こそあれ、お医者さん同様、医療機関で働く看護師さんだってまったく同じことが言えますよね。

 

そして、そういう厳しい仕事だからこそ、体力も精神力も擦り減らさなければならず、
それだけによりよい条件の新たな病院への移転を希望する看護師さんは想像以上に多いと言えます。

 

そういう状況を踏まえると、たとえ経験者であるとは言っても、
看護師さんの転職の際に必ず行われる面接の基準は、
ほとんど例外なくどの病院でも厳しいものになります。
面接をクリアしない限り、看護師さんの転職は成功しないのです。

 

だからと言って、面接ですから当然「こう答えればよい」と言った明確な答えが存在しているわけではありません。
ただ、看護師さんが転職する理由の多くは、
たいてい「以前の病院の職場環境」が最大のネックになっているわけですから、
なぜその新しい病院を志望したのかという志望動機は
当然迎え入れる病院側も実に興味深いところであるはずです。

 

そんなときには、以前の職場の仕事の厳しさや人間関係など、主観の部分には一切触れず、
客観的に見て、以前の病院と新たな病院との間に生じる明らかな差異に、
「自分がこの病院で働きたいと強く感じた」という根拠を求めるようにすると、
比較的すっきりと進むと思います。

 

また、敢えて条件面の差異について質問する面接官もいます。
そういうときには「それがすべてではない」という主張をし、
自身の生活の変化や、将来的なビジョンと照らし合わせると良いですよ。