看護師は多く転職するべき!?

看護師はこれから先も求人がなくなる事のない職業です。
少子高齢化によって、看護される側は看護する側より増え、より多くの人材が求められるようになります。

 

求人数が多いので、転職は比較的容易といえます。
もちろん、地域による医療機関数の差や、看護師の人口にもよりますが。
不況下の日本において、比較的仕事に恵まれている看護師は、そのメリットを活かして
理想の職場を求めて数多くの転職を行うべきでしょうか?

 

結論は「しない方が良い」、「した方が良い」、どちらもあります。
まっぷたつですが、それぞれ理由が違います。

 

しない方が良い理由としては、自身の価値が下がるからです。
頻繁に転職をされる方は、どんな職種であっても敬遠されます。
やっと業務を憶えてもらった頃、患者さんや同僚とも馴染んだ頃に辞められてしまうと
職場にとってはダメージです。
新しく来た人に、また一から教えなければなりません。
人に教えるという業務はルーチンワークではないので、負担になります。

 

した方が良い理由としては、自身のキャリアアップのためです。
経験した科目が増えれば職場の選択肢が増えます。
その時々で求められている科目を仕事とする事で、収入も自分も高められます。
もちろん、余りに頻繁に職を変えていれば、前述の通り敬遠されてしまいます。
一つ一つマスターしてから、次へ行くようにすることが重要です。

 

いずれにしても後になって後悔しないことも大事です。
職を変える前に入ろうとしている職場を見に行くなど慎重さも持つべきです。