看護師さん体験談《妻の献身…素敵なご夫婦》

女性つい最近の話
私はいつも挨拶がやたらでっかい声(笑)らしくいつもみたいに患者のもとへ挨拶へ…
「声聞いたら誰だかわかったよ(笑)いっつも元気だねー」
ある患者さんは「その声と笑顔、いっつも素敵ねー。元気をもらえるのよ」っと言っていただけました!
笑顔大事ですね(^^)/また頑張ります♪

 

女性ありがとうって言われるだけで満足です^^

 

女性もう一生看護師なんかしたくないって思ってた以前の職場を辞める直前…
担当の患者さんに、沢山看護師さんがいてなかなか顔と名前覚えないけど、○○さんはすぐ覚えられて 患者さんから名前で呼ばれてるでしょう?
それは凄いいいことよ、凄い得なことよ。って言って頂きました♪
それと同じ時期に入院していた
小児科の患者さんが 私が働いてるところの絵を書いてプレゼントしてくれました!
それがあったから今も看護師を続けといられると思います!

 

女性HCC骨メタでデュロ、そしてオプソを何度も内服してた男性患者さん。
痛みもあるし、奥さんにはいつも怒鳴り散らして泣かせてしまうし、思うように動けない。
いろんな事があって、いつも私たちにも怒りをあらわにされていました。
ひたすら話を聞いて、私自身の事も少し話しました。
すると、涙を流しながら「あんたも頑張ってよ…まだ若いんだから…約束だよ」と手を握ってくれました。
私が手を握ってあげたかったのに、逆に元気をもらいました。
患者様は私が休みの間にお亡くなりになられました。
奥さんは毎日付き添われ、最後もずっとあなたの側にいてくれたんですよ。とっても素敵なご夫婦です。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。
患者さんに接する度、いろんな事を考えます。

 

頑張っていきます。約束ですから。

 

女性COやケモで入退院繰り返す患者さん。
患者さんも病院慣れしちゃうし、ナース達も患者慣れしちゃってました。
私の口癖で、「大丈夫?」と言ってしまうのですが、
その患者さんに「あなたの大丈夫は、他の人の大丈夫とは違う」て、言っていただけたこと・・・。
そのとき2年目だった私にとっては、今も大きな大きな一生ものの宝です。
看護技術や薬品などの知識だけじゃなくて、
「言葉」て大きいなぁて思いました。

 

今もこれからも、言葉のかけられるナースでありたいです。